カークランドや育毛剤の成分として含まれているジフェンヒドラミンHCLはどういうものか?

育毛剤として使用されているジフェンヒドラミンHCLはもともと風邪薬やアトピー性皮膚炎の抗炎症剤などに配合されている成分で、かゆみやくしゃみなどを緩和する役割を負っていました。

こういう役割がある成分をなぜ育毛剤に使用されているのかと言うと、頭皮環境を整えてくれる大事な役割があるからです。

■どのようにして頭皮環境を整えてくれるのか?

■どのようにして頭皮環境を整えてくれるのか?

ジフェンヒドラミンHCLは頭皮の健康を促進してくれるということで、育毛剤などにも含まれています。頭皮のかゆみを抑えて余計な刺激を加えることなく炎症を防ぐ役割があります。

かゆみを防ぐということだけでなく、爪などでひっかいたキズや炎症などからも守ってくれます。頭皮がかゆい時と言うのはどうしても掻き毟りたくなるものです。

掻き毟ると余計に症状が悪化してしまって、治りが遅くなります。日頃から頭皮にかゆみがあるというのであれば、ジフェンヒドラミンHCLが配合された育毛剤やシャンプーを使用してしっかりと頭皮環境を整えるようにしましょう。

■育毛の力はない
ジフェンヒドラミンHCLは頭皮環境を整える役割がありますが、残念ながら育毛の力はありません。育毛のためには頭皮環境を整備する必要が出てきますので、間接的に役に立っていると言ってもいいでしょう。

■副作用は育毛剤としては少ない
この成分はかぜ薬などに配合されている眠くなるということがあるのではないでしょうか。かぜ薬などではそういうことがありますが、頭皮に付ける時にはそういうことはないのではないでしょうか。

副作用が起きる可能性は低いです。

■頭皮環境を整備するための役割を負う
ジフェンヒドラミンHCLは直接育毛に効くわけではありませんが、炎症を防ぐなど頭皮環境を整えるために働きます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ